新車値引きのテクニック

○同系列の他店舗で見積もりをする

 

同じディーラーでも経営が別の場合、キャンペーンの有無によって見積もり額も違うことがあります。
これは、結構有効ですね。

○ライバルの車種をぶつける

 

例えば、ホンダのフィットに対して日産マーチをぶつけるということです。

ただ、これはあまり意味はないです。
なぜならば、ディーラーは【あなたが本当はその車に興味がない】 ということを知っているので・・

 

では、これから説明するのが、

実際に私が新車を安く購入した方法です。

 

本当に必要な値引きポイントは?

新車購入時に値引き交渉をするわけですが、本当に必要なポイント・・・

 

 

それは、『総支払額』 です。

 

 

大抵は、車両本体価格の値引き、諸費用の値引きのどちらかを気にするのですが、

結局最後はいろいろと含めた総支払額があるわけです。

なので、この総支払額が一番安いお店で買うべきなんです。

ただ、一つ注意しなければいけないのは、下取り車がある場合。

 

 

この下取り額を調整されてしまうと、間違いなく損をしてしまいます

つまりこういう仕組みです。

 

 

現在乗っている車の下取り額は、最大金額では提示せず、

価格交渉された場合に、下げられる余地を残しておいて見積もり額を提示しているのです。

これが営業マン(ディーラー)のテクニックです。 つまり、これに嵌ってはいけません!

 

 

ではどうすれば良いのか?

 

 

それは、購入する車の値引き額を知るのではなく、 現在乗っている愛車の売却相場を調べることです。

そして、この愛車の売却相場を調べる際に必ず利用したいのが、

カービュー(CarView)の一括査定です(無料)

カービューの良いところは、複数の買取業者が参加しているので、

面倒な駆け引きをする必要がないんです。

というのも、カービューに参加している買取業者は競合(ライバル業者)がいることを知っているので、

最初からMAXで価格提示をしてきます。

 

 

このため、駆け引きせずに最大の評価で愛車を買取してくれる業者を一発で確認することができる

のがカービューを使う最大のメリット!

 


これで愛車の買取金額を事前確認しておくことができるので、

欲しい新車の値引き交渉が断然有利になります!

車を購入する際に、本当に損しない唯一の方法がこれなんです!!

是非試してみてください!

 

関連リンク

 

新車の値引きを最大にする方法【新車値引き交渉マニュアル】について

*ガリバー、アップル、カーチス、カーセブン、ラビットなどの大手買取業者と提携しているので安心。
*地元の中小買取業者にも査定できるのでこちらから出向く必要がなく楽。